なくすためにはドル安になった分円安に向う必要があります

どこにでもある初心者向けのFX取引の情報では、「損が生まれた状況ではナンピンすることで、全体の平均の買い付け価格をコントロールする」と述べられていますが現実にはナンピンにはかなり大きな引っ掛けが潜んでいます。政党と議員の言動アーカイブサイト

はじめに、ナンピン買いのやり方に関して記述しておきます。wixoss ウリス

例として1ドル=100円でドルを買ったとします。2017 おせち料理

$(ドル)買いのため円安に動くほど儲けが大きくなりますが、思っていたのとは逆に1ドル=95円まで円高方向に触れたとします。べっぴんさん第4週ネタバレ・あらすじ「四つ葉のクローバー」

そのままの状況で保持し続けたとしたら、マイナスをなくすためにはドル安になった分円安に向う必要があります。住宅ローン金利 推移

投資家であれば、マイナスはなるべく早く0にしたいと願うでしょう。出会い系サイトのおススメのまとめ集B

この状況を打破するため最初に売買したのと同額分の$を1ドルを95円で取引します。ヒューロムスロージューサーH-AA乾燥台(スタンド)付き!

それで、平均の価格は1ドル=97.50銭まで抑える事が出来ます。女性薬剤師の転職

すなわち、2.50円の幅で円安ドル高が進むと赤字を失くせます。ビローザ

これが、ナンピン買いのロジックだ。就活家族 動画 最終回

このように、ナンピンのロジックをみると、「確かに」と思ったりするが、そう容易には問屋を卸しません。

元々、1ドル=95円より下がらないとは、誰一人として分かりません。

もしも、為替が相当に強い円高傾向だとすれば、95円では収まらず、さらにドル安になるリスクは高いです。

1ドル97.50円でナンピンをして1ドル95円まで円高ドル安になったら、ナンピンをしたポジションもマイナスが生まれてしまいます。

この状況では、初めにエントリーしたドルと合計で2倍の損失が生じる事になります。

それゆえ、ナンピン買いはややこしいです。

それなら、市場が自分のシナリオとは逆向きにみるみる進んだ場合どういう手段で危険の確率を軽減すればいいのでしょうか。

こういう場合には選択できる手段は2つ。

最初のひとつは観念して、ポジションを閉じる事です。

もうひとつの手段としては、その段階で、あなたが所持しているポジションを縮小することで、もう一回相場がリカバリするのを動かないで待つ事です。

少し大人しい手法だと考える方もいると思います。

だが、自分が所有しているポジションに損失が出た時最も妥当な術はこの他にはありえません。

確かに、考え方としては、ナンピン買いする対策もあるように思えます。

だがナンピン買いは、自分がマイナスになっている場面で買いポジションを無くすどころか、それとは逆にポジションを買い増していく方法である。

この手段では、リスクを削減することなどどうやっても不可能だと思ったほうがいいです。

ナンピンを続けられればやがては利益を上げられるかもしれません。

しかし、そうなる前に資金がショートしてしまいます。